『被災建築物応急危険度判定士講習会』開催のご案内

  •    愛知県では、大規模地震発生直後に、被災した建物を調査し、その危険性を判定するボランティア(応急危険度判定士)を
    1995年度から養成しています。
  •    2020年度は下記のとおり、講習会を開催しますので、この機会に応急危険度判定技術を取得して「応急危険度判定士」として
    登録していただきますようご案内します。

ご希望の講習会の申込をクリックしておすすみください。

開催日(講習時間は対象者 ① 午後1時 ~ 午後4時30分   対象者 ② 午後1時 ~ 午後3時30分の予定)
対象者 会場 開催日 定員 申込
 ① 地方公共団体職員
   (応急危険度判定に
      従事する必要のある者)

 ② 建築士または
     1級建築施工管理技士
愛知県西三河総合庁舎
岡崎市明大寺本町1-4
2020年9月3日(木) 110名 申込
伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13
2020年9月8日(火) 360名 申込
伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13
2020年10月5日(月) 360名 申込
愛知県西三河総合庁舎
岡崎市明大寺本町1-4
2020年10月15日(木) 110名 申込
愛知県東三河総合庁舎
豊橋市八町通5-4
2020年10月28日(水) 70名 申込
伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13
2020年11月19日(木) 360名 申込
  • ■ 各回とも新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、募集定員は各会場の収容人数の半分に限らせていただきます。
  • ■ 新型コロナウィルス感染拡大状況等によっては、講習会を中止する場合があります。
  • ※ お一人様1申込でお願いします。
  • ※ 必須項目は必ず入力してください。
  • ※ 受講料は無料です。
  • ※ 申込受付は2020年7月10日(金)から各開催日の募集終了までです。
  • ※ 先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
  • ※ 郵送かFAXの場合は こちらから